(1)試験問題及び合否判定

建設機械施工技能実習評価試験の学科試験及び実技試験の問題及び合否判定は以下のとおりです。

① 試験問題

各級の試験については、以下のとおりです。

名  称 初 級 専門級 上 級
試験の目的 技能実習1号より2号への移行に伴う評価試験 技能実習3年間の習得技能等の評価及び、実習期間2年延伸に伴い必須となる評価試験 技能実習5年間の習得技能等の評価
学科試験 言 語 ひらがな表記とし、外来語についてはカタカナ表記。ヘボン式ローマ字も併記。 日本語(漢字カナ交り表記とし、漢字にはルビを付す。
解答方法及び問題数 真偽法で20問 真偽法で25問 多肢択一式で5問 真偽法で44問 多肢択一式で6問
試験時間 60分 80分 100分
実技試験 試験方法 基本動作試験45点、作業試験30点、 総合評価25点で採点 基本動作試験35点、作業試験40点、 総合評価25点で採点 基本動作試験25点、作業試験50点、 総合評価25点で採点
試験時間 概ね10分程度(制限時間あり)

 

② 合否判定

各級の合否判定は下表による。

学科試験及び実技試験の合格基準
  初 級 専門級 上 級
学科試験 60点以上 出題20問中12問以上の正解で判定 65点以上 出題25問の真偽法と、出題5問の多肢択一式の合計点で判定 65点以上 出題50問中33問以上の正解で判定
実技試験 得点合計で60点以上 但し、要素試験毎の得点で以下のように判定する。 基本動作試験で50%以上の条件を満たすこと 得点合計で65点以上 但し、要素試験毎の得点で以下のように判定する。 基本動作試験で50%以上、作業試験で30%以上の条件を満たすこと 得点合計で70点以上 但し、要素試験毎の得点で以下のように判定する。 基本動作試験で50%以上、作業試験で30%以上の条件を満たすこと。

 

(2)技能実習評価試験の参考図書等

① 学科試験

学科試験の受検にあたっての参考資料です。本資料を参考にして受検準備を進めて下さい。

建設機械施工教本(教本)は、技能実習生が学ぶべき内容をそれぞれの級毎に、具体的かつ重要な項目に絞り込み、技能実習生が独自に研修の補助として活用するものです。

建設機械施工教本(初級用)(学科試験の問題文)は、「試験問題の候補となる項目一覧」を掲載しており、初級はここから選んだ項目で試験問題を作成しています。このため、「建設機械施工教本(初級用)(教本)」と併せて勉強し、受検に備えることをお奨めします。

建設機械施工技能試験 学科試験受検用評価シート(専門級)は、受検者が受検にあたっての自らの知識の到達度を確認するもので、これをもとに試験問題が作成されています。

上級の場合、初級や専門級のようなExcelで作成した資料はございません。
ただし、上級の試験問題文の例は、建設機械施工教本(上級用)(教本)のP66からP70に掲載しておりますので、ご活用ください。

② 実技試験(試験コース図)

実技試験の試験課題である「機械運転要領」を受検料等請求書の郵送時(試験日の1~2ヶ月前)に合わせて送付しますので、これに沿った運転等ができるよう実習生のご指導をお願いします。
実技試験を実施する基本的試験コース図です。(試験場によっては若干コースの形態が変わります。)

 ①(押土・整地作業:ブルドーザ用)
 ②(積込み作業:ホイールローダ用)
 ③(掘削作業:バックホウ用)
 ④(締固め作業:ローラ用)

(お問合せ)
 〒105-0011
 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館
 一般社団法人 日本建設機械施工協会
 技能評価試験担当  
 直通電話:03-6809-1757 (平日9:30~12:00、13:00~17:30)
 Eメール:info-ginou@jcmanet.or.jp