令和6年度
JCMA ICT施工 検定試験 合格者更新講習会のご案内 協会会員向け取組

講習会の名称が、今年度より「JCMA i-Construction 施工 講習説明者 更新講習会」から、「JCMA ICT施工 検定試験 合格者更新講習会」に変更となりました。

趣  旨   (一社)日本建設機械施工協会(JCMA)の情報化施工委員会i-Construction 普及WG では、
国交省が推進しているi-Construction をより広く普及させるため、JCMA ICT施工 検定試験を実施し、ICT活用工事に関する正しい顧客説明が可能な人材の育成に努めています。
 今回の更新講習は、過年度の試験に合格した「i-Construction 施工 講習説明認定者」を対象に「令和6年度版共通資料(JCMA標準テキスト)」に関わる最新の動向・情報等を提示し、i-Construction のより一層の普及を目指して開催するものです。なお「令和6年度版共通資料(JCMA標準テキスト)」を利用するにあたりましては、当該更新講習会に参加する事が必須となります。この機会をご活用いただけますようご案内申し上げます。
1.開催日時 令和6年7月31日(水)10時00分~12時00分
受付開始:9時30分、受講者の方は9時50分迄に会場にお入り下さい。
2.開催場所 機械振興会館 B3階 研修-1・研修-2号室
〒105-0031 東京都港区芝公園3-5-8
3.参加資格 JCMA会員企業社員で「i-Construction施工 講習説明者認定証」を保有されている方
4.内  容 「令和6年度版共通資料」をふまえた最新の動向・情報等の説明
出席者からの意見交換
5.  今年度からの
  変更点

検定(認定)有効期間と更新講習
・今年度より、検定(認定)有効期間を定めました。
・検定有効期間を合格時及び更新講習受講時より3年とします。
・JCMA標準テキストの説明者としての活動には、当年度の検定合格または過年度合格者は更新講習の受講が必要です。
※更新講習を未受講のまま有効期間を超えた場合「失効」となり再受験が必要です。
※既に3年以上更新講習を受講しておらず、説明者として活動を予定する場合は、R7年3月までに更新講習の受講が必要です。

参照事例ico_pdf

 

6.参加申込

※新規お申し込み、修正申し込みとも上の「申し込む」ボタンからご登録をお願いします。
※修正の場合は初回申し込み時に登録したパスワードが必要です。

7.定 員 応募者数が多い場合は締切前でも募集を締め切らせて頂くこともございます。
定員 220名 
8.参加費用 6,490円(税込)/人
参加費の支払いは、銀行振込にてお願いします。
(お申込み受付の完了後、請求書をお送りいたします)
9.注意事項 ・令和6年度版共通資料(JCMA標準テキスト)は、参加申込者宛てにお知らせする専用ホームページのURL 内に掲載いたします。
※これは更新講習のために参加者に貸与するものであり、当該データの二次利用、データ配布等を禁止しております。
本人確認が可能な「身分証明書」及び最新の「認定証」をお持ち下さい。
10. その他 ・試験の名称が、「JCMA ICT施工 検定試験」に変更となったことから、標準テキスト説明者の資格を「検定合格者」とします。
「認定証」→「検定試験 合格証明書」への変更
・裏面標記を「適」→「R6」などへ変更します。
※試験合格年度又は更新講習受講年度の明確化を図ります。
※年度をまたいでも何に合格しているか判るようにします。
・既認定者は更新講習に伴う再発行時に「検定試験 合格証明書」へ切り替えを行います。
11. 本部
   問い合わせ先

(一社)日本建設機械施工協会 ICT施工検定試験・更新講習 事務局(二瓶、石川)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 TEL 03-3433-1501(代表)

12. 各支部
   開催日時

各支部の実施予定についてお知らせします。
 8月  7日 (水)  中国支部
 9月18日 (水)  中部支部
10月15日(火) 関西支部
10月29日(火) 四国支部
11月  5日 (火) 北海道支部
11月13日 (水) 九州支部
11月27日 (水) 東北支部
支部開催の試験の詳細については、別途ご案内予定です。