令和4年度
「建設施工と建設機械シンポジウム」論文・ポスターセッション発表の募集

1.会 期:令和4年11月29日(火)~11月30日(水)

2.会 場:機械振興会館(〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8)
      B2ホール、地下3階研修-1号室・研修-2号室、B3-2会議室
      (ZOOMによるオンライン開催併用)

3.主 催:一般社団法人 日本建設機械施工協会

4.後 援:(順不同・予定)
      国土交通省、経済産業省、(国研)土木研究所

  ※(一社)全国土木施工管理技士会連合会 継続学習制度(CPDS)学習プログラム認定申請予定
     (会場参加者のみ対象となります。)

5.主 旨
 本協会では、“建設機械と施工法”に関する技術の向上を目的に、技術開発、研究成果の発表の場として、 「建設施工と建設機械シンポジウム」を毎年開催しております。

   本年度も建設施工と建設機械分野の 技術者や研究者相互の情報交換と技術力の研鑽の場を提供すべく、「建設改革を推進する建設施工と 建設機械」をテーマにシンポジウムを開催することになりました。このシンポジウムでは、下記の6つのテーマについて広く発表論文の募集を行うとともに、昨年度に引き続き 幅広い参加を目的として、ポスターセッションの募集も併せて行います。また、優秀な論文、ポスターに対して表彰することとしています。なお、優秀な論文、ポスターに対しては優秀論文賞、論文賞、審査員特別賞、優秀ポスター賞として 表彰することを予定しています。

 本シンポジウムを建設施工と建設機械に関係する技術者の資質向上の場としてはもとより、 産官学あるいは異業種間の交流連携の場としてなお一層活用して頂けることを期待しております。 

   以上の主旨と内容をご理解頂き、関連する各分野からの論文発表会、ポスターセッションへの 多数のご参加を頂きますようご案内申し上げます。

6.論文募集

(1)募集内容
   論文は、建設施工と建設機械に関する下記の項目のいずれかに該当する内容で応募頂いております。
   ① 災害、防災、復旧・復興
   ② 品質確保と生産性の向上
   ③ 環境調査・保全、省エネルギー対策、カーボンニュートラル
   ④ 安全対策、事故防止
   ⑤ 維持・管理・補修
   ⑥ 建設改革に繫がる技術シーズ(他産業などの異業種間や大学等の研究機関との連携した技術等)

(2)募集要領⇒ R4年度の募集は終了しました。
   ① 論文発表申込:「申込書1」により提出して下さい。
    ※「申込書1」は、当協会ホームページ(https://jcmanet.or.jp/)からダウンロードが出来ます。
   ② 論文アブストラクト提出締切日:令和4年5月31日(火)(事務局必着厳守)
   ③ 提出されたアブストラクトを審査の上、採用決定論文については後日、本論文の作成を依頼します。
    (本論文の提出締切りは8月26日(金)の予定です。)
   ④ 本論文は、4頁、6頁を標準としますが、2頁も可とします。
    その構成(目的、方法、結果と考察、結論)、文章及び図表は学術論文に準じて下さい。
    なお、論文の作成に当たっては、依頼の際に同送いたします当協会『論文執筆要項』に従って頂きます。
   ⑤ 論文発表時間:17分/編(発表:14分、質疑・応答:3分)

7.ポスターセッション募集

(1)募集内容
  ポスターセッションの募集は、論文発表までは至らない前段階での成果やアイデア、大学の基礎研究の途中成果など研究途上成果等を発表する「学術部門」と工法や製品、施工結果などを PR する「開発部門」に区分します 。

【学術部門】
  ① より活発な意見交換が望まれる研究成果(研究途上成果を含む)[学生研究発表等]

【開発部門】
  ① 新規開発技術・製品の発表、紹介[ベンチャー企業の技術開発成果等]
  ② 既発表であっても有用性の高い(参加者への周知が望ましい)成果[技術審査証明事業等]
  ③ 最近関心が高まっている特定課題(防災、環境対策、情報化施工、省エネ対策技術)

(2)募集要領⇒ R4年度の募集は終了しました。
  ① 発表申込:「申込書2」により提出して下さい。
   ※「申込書2」は、当協会ホームページ(http://www.jcmanet.or.jp)からダウンロードが出来ます。
  ② ポスターアブストラクト提出締切日:令和4年5月31日(火)(事務局必着厳守)

  ③ 提出されたアブストラクトを審査の上、採用の可否を決定し通知します。ポスター、必要機器等は発表当日持込みとなります。
   なお、梗概集に掲載する原稿(A4サイズ、1~2頁)を9月30日(金)までに提出していただきます。
  ④ ポスターサイズはA0版(縦1189×横841mm)1枚とします。レイアウト上、ポスターの上端から100mm幅の帯を左端から右端まで通して設け、その範囲内に表題、発表者氏名を記入して下さい。なお、ポスター作成に当たっては、依頼の際に同送いたします当協会『ポスター作成依頼の作成要領』に従って頂きます。
  ⑤ ポスター前には長机を用意しますので、パンフレット、模型、ノートPC(バッテリー駆動)等による補助的なプレゼンテーションも可とします(電源の延長コード等を含め、必要機材は発表者側でご用意ください)。
  ⑥ オンライン参加者のためのショートビデオも提出して頂くことも出来ます。
  ⑦ 発表時間:1日目  10:00~17:00(予定)
           2日目  10:00~15:00(予定)

8.表彰
(1)論文
  審査委員会による論文査読審査・発表状況審査を経て、優秀な論文に対して論文賞、優秀論文賞、審査員特別賞として表彰いたします。
  なお、優秀論文賞、論文賞を受賞した論文は、申請して頂くことにより令和5年度日本建設機械施工大賞の候補といたします。

(2)ポスター
  実行委員会委員によるポスターと発表の内容の総合的な審査を経て、優秀なポスターに対して優秀賞として表彰いたします。

9.参加費:  無料(ただし、事前登録制です。発表者以外の連名者や補助者も事前登録が必要となります。)

10.注意事項
  審査の結果により、発表頂けない場合がございますので予めご了承願います。また、審査の結果により、発表内容(論文発表、ポスターセッション発表)の変更をお願いすることがありますので予めご了承願います。
      なお、論文の提出時に著作権譲渡書を預託頂き、委員会にて採用が決定した場合は当該譲渡書を提出したものとさせて頂きます。

【ダウンロードはこちら】⇒ R4年度の募集は終了しました。
・「R4論文・ポスターセッション発表の募集」
・申込書1「R4論文発表申込用紙」
・申込書2「R4ポスターセッション申込用紙」

 

問合せ先

一般社団法人日本建設機械施工協会 シンポジウム実行委員会事務局(水口、佐々木)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8機械振興会館
TEL:03-3433-1501 FAX:03-3432-0289

 

令和3年度
建設施工と建設機械シンポジウム開催のご案内(終了しました)

1.会 期:令和3年12月1日(水)~12月2日(木)(2日間)

2.会 場:機械振興会館 研修-1、2号室、B3-2会議室
     (東京都港区芝公園3-5-8)
     ※ 新型コロナウィルス感染拡大防止のために、どうしても会場に参加できない方はZOOMでの
       参加が可能です。
       ZOOM参加の申込みの方も必要事項を申込みフォームに記入して下さい。

3.主 催:一般社団法人 日本建設機械施工協会

4.後 援:(順不同・予定)
      国土交通省、経済産業省、(国研)土木研究所(予定、順不同)

5.趣 旨
 本協会では、昭和50年より建設機械と施工法に関する技術の向上を図ることを目的に、日頃の研究・開発の成果を発表する「建設施工と建設機械シンポジウム」を開催して参りました。協会といたしましては、建設施工と建設機械分野の産学官の専門家相互の情報交換と技術力の研鑽の場を提供できればと願っておりますので、ご多忙中とは存じますが、是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。

6.内 容

  〇特別講演:12月2日(木) 13:00~14:00   於 : B2ホール
      テーマ:建設DXの目指すところ
          ~高性能計算と都市データを利用した構造物と都市の予測シミュレーション~
      講 師:堀  宗 朗 氏   東京大学教授

  〇パネルディスカッション:12月2日(木) 14:10~15:30(80分)   於 : B2ホール
      テーマ      : 生産技術としてのリーンマネジメントの導入による建設改革のすすめ
      コーディネーター : 建山 和由 氏 (立命館大学 理工学部 教授)
      パネリスト      :  岩見 吉輝 氏 (国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課長)
                    善本 哲夫 氏 (立命館大学 経営学部 教授)
                湯沢  信 氏 (湯澤工業株式会社 常務取締役)
                須田 清隆 氏 (株式会社環境風土テクノ)
                坂田 泰章 氏 (株式会社オプティム)

  〇発  表:論文         44編
        ポスターセッション   11編

7.プログラム:プログラムへ

8.参加費: 会員…2,200円、非会員…3,300円(会場参加者、ZOOM参加者共)
       論文、ポスターセッション発表者(1名のみ)は無料で参加頂けます。

9.参加申込

  申し込みを終了しました。

※ 申込み締切は11月24日(水)17時です。
※ 今年度は、論文集・梗概集を発行しませんが、事前に論文集・梗概集をHPに掲載します。また、会場参加者には、論文集・梗概集(CD版)を配布します。
CPDS認定:「建設系継続教育(CPDS)プログラム認定」の申請を予定しております。証明書の発行は会場参加者限定とします。
  なお、証明書は、CPDS技術者証、運転免許証など(顔写真付き)で本人確認をして渡しますので、当日持参して下さい。


問合せ先

一般社団法人日本建設機械施工協会 シンポジウム実行委員会事務局(水口、佐々木)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8機械振興会館
TEL:03-3433-1501 FAX:03-3432-0289

過年度開催報告一覧