日本建設機械施工大賞

日本建設機械施工大賞(旧『会長賞』)は、建設機械及び建設施工に関する技術等に関して、調査・研究、技術開発、実用化等により、その向上・普及に顕著に寄与したと認められる業績を表彰し、もって国土の利用、開発・保全及び経済・産業の発展に寄与することを目的として開設されたものであります。

 平成27年度からは表彰内容を拡充し、新たに地域の建設事業の推進に寄与したと認められる業績も表彰することにいたしました。

 これは、小規模な地域の業績も国土の利用、開発・保全及び経済・産業の発展に寄与しているものと考えられることから、地方創生の一翼を担うものと位置づけたことによるものです。

 令和3年度も下記により募集いたしますので、ご案内いたします。

応募期間

応募の締め切りは、令和3年2月26日(金)(必着)です。
申し込みアドレス: nomura@jcmanet.or.jp

応募詳細

  1. 公募についてico_pdf
  2. 応募要領ico_pdf
  3. 大賞部門 応募用紙ico_xls
  4. 地域賞部門 応募用紙ico_xls
  5. 地域賞部門 応募用紙記載例ico_xls

表彰式

本協会第10回通常総会(令和3年6月17日(木)予定)終了後に行います。
本協会が設置した「日本建設機械施工大賞選考委員会」で選考いたします。なお、該当する業績が無い場合は表彰いたしません。

令和2年度 日本建設機械施工大賞 各賞を受賞された業績について 

 令和2年度は、大賞部門には10件、地域賞部門には2件の応募があり、その中から日本建設機械施工大賞選考委員会(委員長:深川良一 立命館大学特命教授)において厳正な審査を行った結果、下記のとおり、大賞部門で5件、地域賞部門で1件を選考いたしました。

 

【大賞部門】
◆最優秀賞
  トンネル覆工コンクリート自動施工ロボットシステム
  清水建設㈱・西日本高速道路㈱・岐阜工業㈱

◆優秀賞
  1人乗り除雪グレーダの安全性向上の検討 近接車輛検知システムの開発
  国土交通省 東北地方整備局 東北技術事務所

◆優秀賞
  環境に配慮した鋼橋の予防保全工法
  ヤマダインフラテクノス㈱・循環式エコクリーンブラスト研究会

◆選考委員会賞
  「重機搭載レーザー計測システム」の開発~日々の出来形測量を省略~
  ㈱フジタ・ジオサーフCS㈱

◆選考委員会賞
  パイロット孔が不要な押し切り式ワイヤーソー装置「ディープノンループカッター」
  ㈱大林組・㈱コンセック

【地域賞部門】
◆最優秀賞
  3Dマシンガイダンス【E三・S】
  ㈱佐藤工務店

 

これまでの応募業績

日本建設機械施工大賞表彰 (受賞業績の概要)

ico_pdf令和元年度 大賞部門
ico_pdf令和元年度 地域部門
ico_pdf平成30年度 大賞部門
ico_pdf平成30年度 地域部門賞
ico_pdf平成29年度 大賞部門
ico_pdf平成29年度 地域賞部門
ico_pdf平成28年度 大賞部門受賞業績の概要(最優秀賞、優秀賞)
ico_pdf平成28年度 地域賞部門
ico_pdf平成27年度 大賞部門
ico_pdf平成27年度 地域賞部門

ico_pdf これまでの応募業績(平成元年度~令和元年度)

旧 会長賞実績

会長賞表彰実績(平成26年度迄)

 

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらから無償でダウンロードできます。