【巻頭言】
 最先端技術を用いた建設機械施工への期待
【技術報文】
 ● AIによるシールド掘進計画支援システムの開発
 ● 次世代インフラ監視システムの開発と運用
 ● 四つ葉プレート工法の実プロジェクトへの適用
 ● 人間工学に基づいた軽量設計「ウェアラブルバイブレータ®」の開発 他
【行政情報】
 ●「公共工事等における新技術活用システム」(NETIS)の現況
 ● 次世代社会インフラ用ロボットにおける取り組み
【交流のひろば】
 建設機械遠隔操縦人型ロボットの現状と将来性
【JCMA報告】
 平成30年度 日本建設機械施工大賞 受賞業績(その3)
【統 計】
 平成30年 建設業の業況

 
 

※購入方法はこちら