← 戻る

○ 事業課題と事業概要

  1. i-Constructionによる建設生産性の向上     :i-Construction施工の普及・拡大
  2. 安全の推進                  :建設機械・施工に係る安全対策の向上
  3. 環境保全、地球温暖化対策、建設リサイクルの推進:環境保全・地球温暖化への対応
  4. 機械及び施工技術の普及            :建設機械最新技術の動向
  5. 年間行事                   :総会での技術発表の実施

○ 第一回総会 R2/9/17開催 以下技術発表内容

(1)環境保全・地球温暖化への対応技術

   ① 車両通行が可能な太陽光発電舗装の実証実験と次世代モビリティとの繋がり ㈱NIPPO
   ② バッテリ駆動式ミニ油圧ショベルの商品紹介       コマツ

(2)建設機械最新技術の動向

   ① 建設現場の生産性を向上させる次世代型ブルドーザの開発 キャタピラージャパン(同)
   ② アスファルト舗装自動制御システムMat Tracker      エフティ―エス㈱
   ③ 接触防止システム ナクシデント             ㈱カナモト
   ④ 地中レーダ探査技術を活用した路面切削システム     大成ロテック㈱

(3)特別講演

     「はたらくじどうしゃ博物館」             館長 田健一郎様

(4)ISO/DIS 20500(自走式道路建設機械-安全要求)について   JCMA標準部

○ 第二回総会 R2/3 開催予定

以上